<< さくら 椅子 >>
伊丹十三記念館
f0073079_11422648.jpg仕事で松山まで出かけたので、以前から見たいと思っていた中村好文氏設計の伊丹十三記念館を訪ねた。スロープを下がって中にはいると、伊丹十三の笑顔が、”やぁ、いらっしゃい!”と迎えてくれる。
展示室を見終わると中庭とそれを囲む回廊にでる。カフェでちょっと一休み。 多彩な人の足跡がたどれるすてきな記念館である。
「スロープを歩くことによって、空間を認識する」とある建築家が言っていた。アプローチを下がることによって、これから何かを訪ねる潜在的意識を生み出し、回廊にたたずむことで、回想する気持ちにさせる。ロマネスクの修道院の手法...そんなことを思い出させてくれる建物だった。
f0073079_11444275.jpg
by handa405 | 2009-03-09 11:52 | 建築
<< さくら 椅子 >>