カテゴリ:建築( 39 )
板橋散歩 板橋の歯科医院
f0073079_15152651.jpgf0073079_15171088.jpg





中山道の第1宿であった板橋は、現在でも歴史を感じさせる建物をあちこちで見かけることができます。
これもその一つ。
一階はシンプルな縦長窓、2階は立てリブの外壁、塔にはコーニス(軒蛇腹)が付いている。現在は使われていないようですが、以前は歯医者さんだったそうです。
大正か昭和初期でしょうか。歴史を知りたくなる建物ですね。
by handa405 | 2017-01-17 15:25 | 建築
BAWA
f0073079_15295856.jpgf0073079_15291115.jpgスリランカに行ってきました。
ジェフリー・バワの空間を体験する旅です。
バワは、カッコいいではなく、居心地のいい場所をつくる建築家です。

宿泊させてもらったバワのゲストルーム。
時間がゆっくり流れる気持ちのいい部屋でした。なんとも贅沢な気分。
by handa405 | 2016-10-28 15:40 | 建築
如庵
f0073079_1235511.jpg出張で犬山の近くまで行ったので、有楽苑を訪ねた。一人だったのでゆっくりお庭を楽しみ、如庵を眺めながらお茶をいただいた。中ではないのが残念ですが、いい時間を過ごさせていただきました。







竹藪が輝いていました。
f0073079_1243357.jpg
by handa405 | 2012-06-10 01:33 | 建築
フランク・ロイド・ライト作品集 展示解説 ご案内
「有機的建築アーカイブギャラリー」イベント案内
1910年にドイツのヴァスムート社から出版された「フランク・ロイド・ライト作品集」は、グロピウス、ミース、コルビュジエなど、当時の若き建築家たちにも大きな影響を与えました。
ヴァスムート版と呼ばれるこの作品集100枚を10枚ずつ、10回に分けて展示、解説を行っています。
解説はライト研究家や、日本のタリアセンアプレンティスが、毎回交替で務めています。
10月の解説は半田が担当します。お時間の許す方は是非ご参加ください。


日時 9月11日(日)午後5:15~6:45
会場 自由学園明日館 小教室
主催 有機的建築アーカイブ
案内 http://www006.upp.so-net.ne.jp/aoa_japan/events.html
by handa405 | 2011-09-07 16:04 | 建築
白井晟一 松井田町役場
f0073079_11531156.jpg 近くに行く機会があったので白井晟一氏初期の作品松井田町役場(1956年)に立ち寄った。役場としての役目は既に終わって資料館になっている。時間外だったので入館はできなかったが、しばらく外部を楽しませてもらった。緩やかな切り妻屋根の前に雌鳥が翼を広げて何かを迎え入れ包み込むようなバルコニーが付付いている。町を見下ろす斜面の中腹にある白いコンクリートの勇姿は、戦後の田舎町にはかなりのインパクトがあったに違いない。
両脇の白く塗られてしまった貼り石は、塗装がはげてオリジナルの多胡石の肌が現れていた。
f0073079_1155825.jpg偶然翌朝(12/18)の朝日新聞に 白井晟一作品集の書評がでていた。
by handa405 | 2010-12-20 11:59 | 建築
家づくり学校
f0073079_12481756.jpg 私も所属している「NPO法人家づくりの会」では建築を学ぶ若者向けに住宅講座を開いています。
講師、内容とも充実しています。

『家づくり学校第2期』
目的
住宅の設計は楽しい。でも勉強しなければならないこと、また苦労もたくさんあります。
大学で教わる内容も大事ですが、実際に住宅の設計をするとなると、施主や施工者がいて、また現代に即した現実的で新しい知識も必要です。
現実の仕事はどのようにして進めるのか、大学では教えてもらえない知識と能力について、これから住宅設計をやりたいと思っている学生、設計事務所勤務の人、また設計事務所を立ち上げて間もない人を対象に、キャリアを積んだ家づくりの会の講師陣を中心に、2コースに分けて講座を開催致します。

●主催 NPO法人家づくりの会
●校長 泉幸甫(建築家・日本大学教授)
●副校長 川口通正(建築家・家づくりの会代表)/本間至(建築家)
●対象者 建築家を目指す若い設計者や学生

◆1年生コース・講座内容
●会場 自由学園明日館大教室「タリアセン・トシマ」
●授業料 ¥50,000(分割払いの場合は、前後期各 ¥26,000 × 2回払い)
●定員 35名
◆前期日程
 第1回 5月5日(水・祭日) 「建築家になるためには」(座談形式)
 第2回 6月27日(日) 「環境から考える」 講師:松原正明
 第3回 7月19日(月・祭日) 「素材から考える」 講師:泉幸甫
 第4回 8月29日(日) 「設計監理とは」  講師:本間至
◆後期日程
 第5回 9月20日(月・祭日) 「構法から考える」 講師:半田雅俊
 第6回 10月24日(日) 「木から考える」 講師:古川泰司
 第7回 11月14日(日) 「歴史から考える」 講師:山本成一郎
 第8回 12月12日(日) 「生き残るためには」(座談形式)

(講師、講義内容については都合により変更される場合があります)
by handa405 | 2010-04-16 12:51 | 建築
石葺き屋根の板倉
f0073079_1824631.jpgf0073079_18244381.jpg
f0073079_18254322.jpg

対馬で珍しい屋根を見つけました。巨大な石板で葺かれた倉庫。石瓦なんてもんじゃありません。対馬全体が黄砂が積もった地質で平らにはげる石が容易に入手できるらしい。台風対策でもあるそうですが、こんなに大きなのを載せなくてもと思ってしまいます。火災を避けるため住まいから離れて建てられ、穀類などの倉庫として用いられてきたとのことです。最近は石葺きの技術が廃れてしまい、瓦に葺き変えられてしまうと聞きました。
まだ使われている石葺き板倉の軒下には、サツマイモが干してありました。おばちゃんに頂いた干し芋はしっとり甘くてとってもおいしかったですよ。
by handa405 | 2010-01-30 18:34 | 建築
禁酒会館
f0073079_12451356.jpgf0073079_1253060.jpg 岡山市内をぶらぶら歩いていたらレトロな建物を見つけました。その名もエ~と思わせる「禁酒会館」。キリスト教関係の団体らしく1階には聖書関連専門の書店とカフェが入っていました。
外壁には文化庁の登録有形文化財のプレート。建てられたのは大正12年だそうです。カフェのインテリアもなかなか魅力的。奥には由緒ありそうな石垣に囲まれたすてきな中庭がありました。
なんと!この石垣にも"根性木"あり。
お店の一角は貸しギャラリーにもなっていました。
by handa405 | 2010-01-22 00:05 | 建築
F.LL.ライト ブロードエーカーシティ
f0073079_21295647.jpgライト没後50年シンポジュームの会場に展示するため、我が事務所で仕立てたブロードエーカーシティの模型写真です。高さ2,1m 結構迫力ありますが、本物は桁違いの大きさ。1934年に作り始め、計画案ではありますが、その中のスケッチは、その後別のプロジェクトとして実現したアイデアがたくさん含まれています。
都市集中ではなく、分散型の都市計画を立てたのには、当時のウィスコンシン州(ライトの生まれ故郷)の政治や身近にいた人たちの影響がありました。ライトを研究するには建築の形だけではなく、その背景を知ることがキーワードです。ライトはその後、四半世紀以上何度もこの模型に手を入れていました。しつこくずっと考えていたのです。
f0073079_21303877.jpg

by handa405 | 2009-11-28 21:43 | 建築
ライト50記念事業
f0073079_11384591.jpg   今年はF.L.ライト没後50年に当たります。ライトにゆかりのある方々が共同で、パネル展示、シンポジューム、晩餐会など記念事業を企画しています。
ブロードエーカーシティを取り上げ、ライトの思想的背景を探ります。私も写真提供パネル制作などに協力しています。
ライトに興味をお持ちの方是非ご参加下さい。

テーマ: 建築家フランク・ロイド・ライトのヴィジョン
     「ブロードエーカーシティ」と「ユソニアンハウス」
基調講演 :John Sergeant(ケンブリッジ大学名誉教授)他 (同時通訳有り)
パネリスト:水上 優(福山大学講師)他
日時   :11月29日(日)午後1時~
会場   :東京芸術大学 音楽学部5号館大講堂
会費   :シンポジューム ¥3000 晩餐会 ¥10000
申込先 :ライト50年記念事業委員会 Tel.Fax.03-5453-6062
http://www.wright50tears.com e-mail info@wright50years.com
by handa405 | 2009-11-06 11:43 | 建築