カテゴリ:風景( 20 )
長岡の花火
f0073079_15583959.jpg
始めて長岡の花火を見せていただいた。
ご招待席の最前列で。
涙が出るほどのすごい迫力。
真上からババッと大量の星が降ってくる。
爆発音が心臓にドドドッと響く。
1発毎に説明が付き、間があるのもよい。
長岡の空襲からの復興と慰霊の思いがこめられている。
by handa405 | 2016-08-05 16:02 | 風景
板橋散歩
f0073079_10525745.jpg JR板橋駅東口の正面に近藤勇の墓所があります。
新撰組局長だった近藤勇は、板橋で処刑され、首は京都でさらし首にされました。
この墓所は、同僚だった長倉新八により建立されたものだそうです。

150年前の日本では暗殺が横行し、国内でも戦争があり、意見が違えば殺し合う物騒な時代だったんですね。
by handa405 | 2016-07-29 10:56 | 風景
津波の傷跡
f0073079_10543080.jpgf0073079_1055110.jpg記憶に残る水位を大きく上回った大津波。はるか上、丘の上の住宅にも生々しい傷跡。
もし当日この地点にいたら。。。

海岸に打ち捨てられたコンテナは「猿の惑星」の一シーンを彷彿させた。
by handa405 | 2011-09-02 11:09 | 風景
津波の傷跡
f0073079_16474281.jpgf0073079_16482181.jpg











東北の被災地を巡ってきました。TVでは何度も見た光景ですが、その地に立ってみると心に訴える重さが違います。
半年近くたち、基礎だけを残して片づいているエリアもあれば、大型ダンプが行きかって盛んに片づけている地域もありました。私たちはこれから何をしなければならないか、真剣に考えさせられます。
現地の人たちは現状を見てほしいと訴えていました。
by handa405 | 2011-08-30 16:59 | 風景
f0073079_18374863.jpg
まだまだ暑い夕方、
壁にベランダの植木と室内のポトスの影が映った。
きれい!!
写真にはうまく写し取れなかったけれど、
ビルに囲まれた室内で自然を感じた一瞬でした。
by handa405 | 2011-08-17 18:41 | 風景
板橋の桜
f0073079_1321248.jpg 天気はぱっとしませんが、板橋の桜は満開です。我が事務所の周囲は桜が多く特に石神井井川沿いは見事です。
by handa405 | 2011-04-08 13:22 | 風景
自動販売機
f0073079_950561.jpg久しぶりに鎌倉へ出かけました。北鎌倉から鎌倉まで散歩。 円覚寺で見つけた風景です。
自動販売機は便利ですが、景観破壊になることもしばしばです。手前に格子を立て、目立たなくしてありました。
by handa405 | 2010-06-23 09:55 | 風景
対馬の魚屋
f0073079_23533295.jpgf0073079_2354959.jpg








小さな店先にアワビ、ホタテ、小アジなど新鮮な魚介類が発泡スチロールの箱で無造作に並んでいる。
小アジをくわえているのはアンコウ。地引き網で捕れたもの。東京では見られない光景。
by handa405 | 2010-02-01 00:05 | 風景
対馬の石垣
f0073079_14471480.jpgf0073079_14524653.jpg対馬は福岡よりも釜山への距離が近い。丘の上から釜山の港の建物が肉眼でも見えました。国際的な歴史のある島です。鎌倉時代からの城下町である厳原(いづはら)の街のあちこちに石積みの屋敷塀が残されていました。防火や台風よけだとのこと。高さや積み方は様々ですが美しい街並みです。歴史の残る街はいいなぁ。
f0073079_1449362.jpgf0073079_14534996.jpgf0073079_1457131.jpg
by handa405 | 2010-01-29 14:58 | 風景
対馬
f0073079_1261667.jpgf0073079_1264810.jpg「対馬から“林業再生”を考える」シンポジュームに参加してきました。基調講演をされたC.W.ニコルさんのテーマは「サケが森をつくっていた」。素晴らしい講演でした。いつかニコルさんの根拠地黒姫にも行ってみたいと思います。
対馬の自然林も散策しました。個々の樹種が珍しい訳ではないのですが、見慣れた関東の林とは林相が違いますね。板根がはったスダジイは始めて見ました。巨木と倒木、若木が共存する森は一見の価値有りです。ガイドさんの「○○年も斧が入っていない原生林です」との説明でしたが、放置された桧林も混じり「素晴らしく美しい自然」と素直に感動する景色というほどではないとも感じました。
広大な大自然のダイナミックで劇的な感情を沸き上がらせる景色ではありません。言い方を変えれば倒木の多い照葉樹の混じった親しみの持てる里山でした。
by handa405 | 2010-01-27 12:14 | 風景