F.LL.ライトの住宅に学ぶ
下記の講座をすることになりました。ご興味のある方は半田雅俊設計事務所までご連絡ください。
f0073079_18281858.jpg
テーマ 『ライトの住宅に学ぶ』

F.LL.ライトは大政奉還の年に生まれ、馬車の時代から飛行機の時代まで、住まいを作り続けました。
没後半世紀を過ぎた今でも、ライトの住宅は魅力を放ち続けています。時代を超えた魅力の源泉は何か。多数の映像と解説をタリアセンに学んだ講師がご紹介致します。

講師:半田雅俊
経歴:遠藤楽建築創作所勤務を経てタリアセン留学
    半田雅俊設計事務所主催 工学院大学建築学科非常勤講師

日時  :2010年11月27日(土) 午後5:30~7:30
参加費:大人2,000円 学生1,000円
会場  :自由学園明日館    東京都豊島区西池袋2丁目31-3 

主催 :特定非営利活動法人ライトウェイ・ソサェティ・日本
協力 :特定非営利活動法人有機的建築アーカイブ
# by handa405 | 2010-10-19 18:39 | 住宅
鉄平石
f0073079_11535837.jpg 友人の案内で、鉄平石の採石場を見学してきました。鉄平石の産地は長野県の諏訪地方が知られていますが、今回見せて頂いたのは佐久市の石屋さん。一枚一枚はがす工程を見せて頂き、石割にも参加させて頂きました。
 鉄平石は、昔は住宅の塀や壁に貼られていましたが、最近はあまり見かけません。石は重いし張るにはそれなりの技術がいるので、一般的には石工事はよほど予算がないと使えなくなりました。
 ところが、高価と思われている石工事ですが、直接石屋さんに出向いて仕入れうまく活用すれば、案外住宅でも使えます。大きな一枚石を玄関やお風呂場に敷くと効果抜群。カタログで選ぶのではなく、産地へ出向けば可能性が広がります。f0073079_11554817.jpgf0073079_11551142.jpg
# by handa405 | 2010-10-01 12:04 | 住宅
自動販売機
f0073079_950561.jpg久しぶりに鎌倉へ出かけました。北鎌倉から鎌倉まで散歩。 円覚寺で見つけた風景です。
自動販売機は便利ですが、景観破壊になることもしばしばです。手前に格子を立て、目立たなくしてありました。
# by handa405 | 2010-06-23 09:55 | 風景
緑のカーテン
f0073079_1125036.jpg 梅雨に入り暑い夏ももうすぐそこ。緑のカーテンの準備を始めました。我が事務所のベランダには毎年の朝顔と今年はフウセンカズラを植えてみました。 フウセンカズラは、2週間前に植えた時は10cmほどでしたが、ここ数日の暑さでぐんぐん成長。小さな白いかわいい花がついています。夏には紙風船のような実がなるはずです。

f0073079_11264767.jpg
# by handa405 | 2010-06-18 11:34 | 季節
干しタケノコ
干しタケノコ
 タケノコが大量に採れたのでお裾分けをした近所のお年寄りから、干しタケノコのつくりかたを教わりました。
干しシイタケは一般的ですが、干しタケノコは聞いたことがありません。 九州では一般的らしい。戻すとメンマ見たいな感じで、煮物などに入れるとおいしいとのこと。 早速作ってみました。繊維方向に薄く切って新聞紙の上に並べます。乾いて新聞紙にくっつかないように途中でひっくり返します。2,3日でカラカに、大きめな削り節かカンナくずのようになりました。f0073079_1204893.jpgf0073079_121894.jpg
# by handa405 | 2010-05-16 12:20 | クッキング
f0073079_13371189.jpgf0073079_13372758.jpg連休初日は田舎で筍掘り。大きなものは直径15センチもありました。大きな鍋を総動員して夜中までアク抜き作業、疲れた~。代償は新鮮な香りと味覚、うまい!。
収穫した竹藪は私の両親が戦後植えたもの。当時は食料事情が悪く、筍を食べたくて竹を分けたもらったと聞いています。現在はほとんど放置されたままで維持管理だけでも大変。わずか半世紀でずいぶん変わりましたね。
# by handa405 | 2010-04-30 13:51 | クッキング
夏みかん
 今春、実家の夏みかんは豊作。50個ほど、もいできました。子供の頃は重曹や砂糖をかけて食べましたが、甘い果物に馴れてしまったこの頃では、そのままでは食べる気がしません。マーマレードを作ってみました。f0073079_21212255.jpgf0073079_21214980.jpgf0073079_21221177.jpgf0073079_10453665.jpg







ところで春にとれるのに、なぜ夏みかんなんだろうと思って調べたら 「夏みかん」 という品種は無く、和名は「ナツダイダイ」だそうです。大振りで酸っぱいミカンは、甘夏もはっさくも 「夏みかん」 なんだって。
どっちにしても 「ハルダイダイ」 じゃないんだ。
# by handa405 | 2010-04-18 01:00 | クッキング
温暖化・寒冷化 同時進行?
 3月に夏日が訪れ4月半ば過ぎに雪景色。どうなってるのでしょう??? 温暖化防止は、今や常識ですが、懐疑派の著作も書店にたくさん並んでいます。地球は寒冷期に向かっているという説もあります。
           参考:丸山茂徳著  『科学者の9割は「地球温暖化」CO2犯人説はウソだと知っている』
 アイスランドの火山が噴火してヨーロッパの空港が閉鎖されていますが、上空高くまき散らされたチリは、太陽光を遮り寒冷化につながることもあるらしい。天明の大飢饉は火山の噴火が原因だったとか。大きな地球は、足して二で割るようには行かなくて、両極端になるのかも。
砂漠地帯では、「朝はセーター午後は半袖」は、珍しく無いけれど、温暖な日本ではこうむりたいですね。それでも、桜は長持ちするし、新しい良いことがあるかもしれない。f0073079_144288.jpg
# by handa405 | 2010-04-17 14:11 | 季節
家づくり学校
f0073079_12481756.jpg 私も所属している「NPO法人家づくりの会」では建築を学ぶ若者向けに住宅講座を開いています。
講師、内容とも充実しています。

『家づくり学校第2期』
目的
住宅の設計は楽しい。でも勉強しなければならないこと、また苦労もたくさんあります。
大学で教わる内容も大事ですが、実際に住宅の設計をするとなると、施主や施工者がいて、また現代に即した現実的で新しい知識も必要です。
現実の仕事はどのようにして進めるのか、大学では教えてもらえない知識と能力について、これから住宅設計をやりたいと思っている学生、設計事務所勤務の人、また設計事務所を立ち上げて間もない人を対象に、キャリアを積んだ家づくりの会の講師陣を中心に、2コースに分けて講座を開催致します。

●主催 NPO法人家づくりの会
●校長 泉幸甫(建築家・日本大学教授)
●副校長 川口通正(建築家・家づくりの会代表)/本間至(建築家)
●対象者 建築家を目指す若い設計者や学生

◆1年生コース・講座内容
●会場 自由学園明日館大教室「タリアセン・トシマ」
●授業料 ¥50,000(分割払いの場合は、前後期各 ¥26,000 × 2回払い)
●定員 35名
◆前期日程
 第1回 5月5日(水・祭日) 「建築家になるためには」(座談形式)
 第2回 6月27日(日) 「環境から考える」 講師:松原正明
 第3回 7月19日(月・祭日) 「素材から考える」 講師:泉幸甫
 第4回 8月29日(日) 「設計監理とは」  講師:本間至
◆後期日程
 第5回 9月20日(月・祭日) 「構法から考える」 講師:半田雅俊
 第6回 10月24日(日) 「木から考える」 講師:古川泰司
 第7回 11月14日(日) 「歴史から考える」 講師:山本成一郎
 第8回 12月12日(日) 「生き残るためには」(座談形式)

(講師、講義内容については都合により変更される場合があります)
# by handa405 | 2010-04-16 12:51 | 建築
中島みかん
f0073079_1485864.jpgf0073079_1491169.jpg
 みかんが一箱届きました。開けてみると色も大きさもまちまち。
「山本農園」、
生産者の顔写真入りの説明文が付いていました。


「せとか」「はるみ」「媛の月」初めて聞く種類ばかりの完熟品。ちょっと洋風なおいしいミカンたちでした。
皮をむいた指に良い香りが移っています。
 今日は他にも思いがけない人が訪ねてこられ、何か良いことが起こりそうな予感。
楽しい春はすぐそこまできているかも。そんな気分になりました。
# by handa405 | 2010-03-18 14:13
好きな本
f0073079_1359778.jpg 『宇宙船地球号操縦マニュアル』
バックミンスター・フラー 芦沢高志訳 ちくま学芸文庫
文庫本で本文は130ページほど小さな本です。
半世紀も前に書かれました。
専門分化が包括的な思考を妨げること、何にでも興味を持ち統合することの重要性を説いています。
地球号という概念は誰にも解りやすい。
繰り返して読んで良い本だと思う。
# by handa405 | 2010-03-10 14:00 | 読書
信州型エコ住宅コンペ『最優秀賞』受賞
f0073079_11585447.jpg 「信州型エコ住宅 新築コンペ」に半田設計事務所設計の「信州型木造ドミノ住宅」が最優秀作品に選ばれました。
  主催:信州省エネ住宅普及協議会(構成団体 長野県他)

 応募コンセプト:長寿命こそエコ住宅
この家は、1世代限りの消耗品ではありません。発生が予想されている大地震に耐え、高い省エネ性能を備えています。丈夫なだけでは長持ちしません。家族構成の変化はもちろん設備は時代と共に大きく変化します。骨太のこの家は、構造はそのままで設備や間取りを容易に取り替えられます。スケルトン&インフィルの考え方を徹底しています。
この家のために伐採された山に植林された樹が再び生長するまで、次世代に受け継いで住み続けることができるのです。
建て替え回数を減らすことによって、資源の消費を減らし居住コストも低減することができます。
# by handa405 | 2010-03-08 12:03 | 住宅
家づくりセミナー 地震に強い住まいのつくり方
「地震に強い住まいのつくり方」
   耐震・制震・減震・免震 それぞれの特徴 費用、効果お教えします。
f0073079_1155657.jpg 21世紀前半は大地震が発生する可能性が高い時期だといわれています。
阪神淡路大震災以降も日本各地で死者が出る地震が起こりました。そのときは怖いと思っても、身近に感じることは少ないかも知れません。
耐震改修には多額の費用が必要ですが、
新築時であれば、工事費の1%程度で大地震でも壊れない家ができるのです。
建ててからでは間に合いません!
 新築や増改築をお考えのは是非ご参加ください。


・耐震構造:揺れるけれども壊れない、費用はわずか
・制震構造:地震を吸収、粘りで揺れを半減
・減震構造:滑ってかわすシンプルな方法
・免震構造:壊れない家から揺れない家へ

 大地震から生命財産を守る方法はいろいろあります。それぞれ一長一短。費用だけではなく敷地条件によっても選択は違ってきます。あなたの家に合った工法は?

日時  2010年3月22日(月祭日)午後2時~4時
場所  家づくりの会ギャラリー JR総武線「千駄ヶ谷駅」下車 徒歩7分
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-15-奥村マンション130号
講師  半田雅俊
定員  10名
参加費 無料
申込先 NPO法人家づくりの会 tel.03-5360-8061  fax.03-5360-8062
    E-mail:info@npo-iezukurinokai.jp
# by handa405 | 2010-03-05 11:16 | 住宅
防湿層の有無
 外壁内の温度・湿度測定
昨年末に竣工し1月中旬から使い始めたモデル住宅で、外壁断熱材内の温度・湿度を測定しています。
建設地は長野県中野市、省エネルギー基準による地域区分はⅡ地域です。この住宅の断熱性能は Q値1.9W/㎡K。
外壁の断熱はセルロースファイバー吹き込み120mm。 セルロースファイバーは水蒸気の保湿性に富み、吸放湿性も高く、防湿シートは温暖地では不要といわれていますが、寒冷地では防湿層が必要、長野はその中間地域。
そこで、防湿シート「有り」と「無し」の両方を施工し、比較測定をすることにしました。
2月のデータです。防湿シート「有り」・「無し」の差は、壁内湿度には大きく表れました。平均17%「無し」が高い、しかし最高値でも80%を超えてはいません。壁内の温度は「シート有り」の方が、1℃高くなっています。週末と夜間は無人ですが、2月の最低室温は2/8(月)am7:30  14,5℃でした。
f0073079_15213796.jpg

# by handa405 | 2010-03-04 00:05 | 住宅
環境問題・・地球温暖化論
f0073079_1035298.jpg『温暖化論のホンネ』 枝廣淳子・江守正多・武田邦彦 技術評論社

 良質な住まいを供給することを仕事としている者として、環境問題や省エネには常に関心を寄せています。 温暖化に関する情報は積極的に収集しているつもりですが、CO2対策に関しては、???と思うこともあります。レジ袋やエコポイントなどは、削減とは別の話だと思います。
「脅威論」と「懐疑論」どちらにもそれなりの説得力がありますし、どちらが当たるのかな~・・。
この本は脅威派、懐疑派と目されている人たちの鼎談。突っ張りあわず「ホンネ」で語られた解りやすい内容です。環境問題に関心のある人、横目で見ている人にもお勧めです。
# by handa405 | 2010-03-03 10:42 | 読書
魂とは何か
f0073079_941389.jpg 私の母は認知症です。場所に関する認知の阻害が進んでいます。理性はまだかなりしっかりしていますが、最近とみに睡眠時間が長くなりました。リアルな夢を見ていることも多いようです。「自分が生きているのか死んでいるのか訳が分からない」なんて言うこともあります。
池田晶子著 『魂とは何か さて死んだのは誰なのか』を読みました。興味深い本です。
「人生の目的は魂の世話をすることである」ソクラテス の引用がありました。
# by handa405 | 2010-03-02 00:48 | 読書
住宅の寿命
f0073079_1543435.jpg 日本の住宅の寿命は欧米に比べてかなり短い。 その原因は、物理的老朽化でないことは、様々なデータからもみてとれます。建物の寿命が延びれば新築件数は減る。建設側から見れば厳しいけれど、長寿命化は環境的視野に立てば必然です。
 築40年の木造アパートの解体に立ち会いました。外観の老朽化はかなり進んでいて、外階段は朽ち始めていました。でも木構造が劣化しているわけではありません。構造と設備や外装の寿命には、大幅な違いかあります。建築でも取り替えたり修理する姿勢を取り戻したいですね。


f0073079_15493528.jpgf0073079_15512834.jpg
# by handa405 | 2010-02-23 15:56 | 住宅
家づくりセミナー
NPO法人家づくりの会 連続ミニ講座  
   「建てて得するゼロエネルギー住宅」・・・省エネ住宅の手法紹介

"CO2削減を実現することが人類のために必要だ" といわれています。しかし、自分が犠牲になるのは御免こうむりたいと思うのは当たり前です。では、CO2削減に貢献して暑さ寒さ知らずの家になり、光熱費がタダになるならどうでしょう。
必要な省エネ性能、住み心地、費用など最新の省エネ住宅の実情お教えします。
環境問題のご興味のある方、住まいの維持費にご関心のある方、是非ご参加下さい。
  
 ・断熱性能はどこまで必要?
 ・省エネ住宅の快適性
 ・工事費はどのくらい?
 ・断熱以外の手法紹介
 ・太陽光発電の実際

日時  2010年2月21日(日)午後2時~4時
場所  家づくりの会ギャラリー JR総武線「千駄ヶ谷駅」下車徒歩7分
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-2-15-奥村マンション130号
講師  半田雅俊
参加費 無料
申込先 NPO法人家づくりの会 
    tel.03-5360-8061  fax.03-5360-8062
    E-mail:info@npo-iezukurinokai.jp
f0073079_18131556.jpg

# by handa405 | 2010-02-08 18:13 | 住宅
爆笑
f0073079_11305344.jpg「死ぬかと思った1」 林雄司編 アスベクト
 出張の際、立ち寄った空港の本屋で見つけた本。 裏表紙に「余計なコトして死にかけた、恥ずかしさのあまり死にそう。笑いのスパイスで告白した低レベルな臨死体験集」とある。
10数行の爆笑体験談?のオンパレード。飛行機の中で笑いがこらえきれず困った。シリーズが文庫で10冊も出ている。
# by handa405 | 2010-02-05 11:33 | 読書
対馬の魚屋
f0073079_23533295.jpgf0073079_2354959.jpg








小さな店先にアワビ、ホタテ、小アジなど新鮮な魚介類が発泡スチロールの箱で無造作に並んでいる。
小アジをくわえているのはアンコウ。地引き網で捕れたもの。東京では見られない光景。
# by handa405 | 2010-02-01 00:05 | 風景