<< 浴室の手摺り 介護 >>
タリアセン・ウエスト
f0073079_14563397.jpg タリアセンは、1930年代F.LL.ライトの設計事務所兼建築学校として、ウイスコンシン州スプリンググリーンでスタートした。ウイスコンシンの緯度は北海道とほぼ同じ。すでに70代になっていたライトは、冬の寒さを避けるため、若い学生たちとアリゾナの荒野で寝袋生活をしながら住居や製図室などを自力建設した。赤茶けた岩がむき出しに転がり、様々なサボテンが林立する荒々しい環境の中、ライトは新たなエネルギーを得て、世界をあっと言わせる作品を次々に生み出した。ライトが亡くなって久しい現在でも、タリアセンでは秋と春、アリゾナとウイスコンシンの大移動を毎年行っている。

f0073079_1458326.jpgf0073079_1458291.jpg








右の地図は、縮尺、緯度をそろえて日本とアメリカを重ねもの。図中左下の赤点がアリゾナ タリアセンウエスト、右上の赤点がウイスコンシン タリアセン・イースト そのすぐ下が、最初の事務所があったシカゴ郊外オークパーク。
by handa405 | 2008-01-31 15:13 | 建築
<< 浴室の手摺り 介護 >>